<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

練習プレイ 激闘グデーリアン装甲軍

 ひとまずコーカサスキャンペーンを置いて、GJ35号の「激闘グデーリアン装甲軍」をプレイしました(7月ですし)。
e0003050_331030.jpg

↑セットアップが完了したところ

ゲームの概要
 激闘グデーリアン装甲軍は、7月10日から行われたスモレンスク戦をテーマとしたゲームです。システムとしては、過去GJで出された「激闘マンシュタイン軍団」で使われた「チットシステム」をベースにしてます。つまり、チットを引いて、対応する司令部を活性化させ、指揮範囲にいるユニットが移動、戦闘を行うという方式です。

 本ゲームではそれに加えて、装甲チェーンというシステムが用いられています。これは各装甲軍団に所属する装甲師団ごとにチェーン(3へクス)を形成させて、そのチェーンを形成させた装甲師団が移動、戦闘を行うというシステムです。

 他に特徴的なこととしては、ドイツ装甲師団のレーティングの極端さ(攻撃力が高い代わりに防御力が低い)、追懐動力を支払えば、ZOCからZOCへ移動できる。補給や増援、砲兵支援などもチットシステムに取り込まれている。ぐらいでしょうか。それではさっそくプレイに移りましょう。

 っと、その前に道路(の一部)をプロットしてみましたのでご覧下さい。
e0003050_314985.jpg


 赤字がドイツ軍が連絡源に続いている―補給源として補給線を引ける―道路。青字が連絡源に続いていない―補給源として補給線を引けない―道路です(初期配置での話)。

 そういえば補給ルールについて書いてなかったのでここで簡単に。本ゲームの補給は、連絡源に敵ZOCや敵ユニットに邪魔されず、無制限に繋がっている道路を補給源と見なして、そこへ敵ZOCや敵ユニットに邪魔されず補給線を引ける(4ヘックス以内)ユニットを補給下と見なします(連絡源に無制限の連絡線を引けないユニットは孤立と見なされる)。まぁ、標準的な補給ルールだと思います。

 さて、マップを見てみると、ヴィテブスク以北~ヴィテブスク~オルシャ~モギリョフ~モギリョフ以南に陣取るソ連軍を掃討して、道路を通しておいた方がいいことが分かります。

 GJ本誌のリプレイをみると、「側面は放っておけ!」とばかりに、ヴィテブスク以北は放っておいて第1ターンに第3装甲軍を東進させていますが、どっちがいいんでしょうね?(第1ターンは特別ルールでドイツ軍は補給切れ&孤立にはならないのでありなのでしょう)

第1ターン
 特別ルールとして、ドイツ軍は初めに引くチットを指定できます。今回は第3装甲軍を活性化させました。私は、道路を通すために東進よりもヴィテブスク以北の掃討に力を入れました。第2装甲軍の動きは低調。

e0003050_3363131.jpg

↑第1ターン終了時のドイツ軍第3装甲軍戦区の様子

第2ターン
 ソ連軍は北方に増援を重点配置し、第3装甲軍に攻撃を仕掛ける。なんか非常にやばいような……
e0003050_35208.jpg

↑第2ターン終了時。

感想
 楽しい。特にソ連軍が(笑)。他のゲームだとこの時期のソ連軍は何もできず戦線を張るだけなんだけど、このゲームのソ連軍は、結構嫌がらせができる。土井軍は最初から頭をフルに使わないといけない。第1ターンでどれくらい効率的にソ連軍を除去できるか。作戦研究のしがいはありそうなゲームだ。

 難点としては、NATO式兵科記号になれているため、各ユニットの部隊シンボルを見てもぱっと判断できないこと。まあ、プレイにはあまり支障がないかな。それとルールブックがわかりにくいと感じたが、これは私の読解力のなさでしょう。
by sperling | 2011-07-27 04:06 | ウォーゲーム

鉄道へクスをプロットしてみた

 コーカサスキャンペーンでは補給源から無制限に連絡できる鉄道へクスに、補給線を通せる(5へクス以内)ユニットが完全補給下となります(注1)。と言うことは、ドイツ軍の進撃は自然と鉄道へクス沿いになることが予想されます。

 そこで鉄道へクスを赤線でプロットしてみました。これを見ればソ連軍はどこを重要拠点として、守れば良いか分かる……かも(注2)。
e0003050_17363128.jpg

↑全体図
e0003050_17364810.jpg

↑前半主戦場となるロストフからクラスノダール周辺

 マウスで線を引いているので線が震えていますね。マウスじゃ限界があるなあ。



注1
補給源から無制限に連絡できる道路へクスから5へクス以内に補給線を通せれば限定補給下

注2
逆にドイツ軍側から見てもどういう進撃方向をとればいいか分かるかも。
by sperling | 2011-07-19 17:47 | ウォーゲーム

コーカサスキャンペーン ドイツ軍第1ターン攻勢案

 なるべく攻撃側有利に戦闘を仕掛けたい。これはコーカサスキャンペーンならずとも普通の作戦級ゲームでも同じでしょう。エリート修正、装甲修正を得られ、河川越しではない平地に陣取っている舞台と言えば、ソ連第12軍です。ここに戦力を集中させて突破を狙います。

e0003050_19362141.jpg


 狙う箇所は1232に陣取っている2個狙撃兵師団。ここは平地でしかも、どちらも通常TQ持ちなので、エリート修正、装甲修正どちらとも得られます。戦力比は、39対6で6対1、エリート修正、装甲修正さらに空軍支援(第7航空艦隊なので2コラムシフト)までつぎ込み、10対1まで持って行きます。これで自動除去達成!

 他の攻撃箇所は、ルールブックの例で載っていた攻撃箇所と同じです(1128と1131)。どちらも装甲師団で攻撃するので多少リスキーですが、今回はどちらとも成功しました。

e0003050_19415091.jpg


第1ターン ソ連軍第2移動&戦闘フェイズ
 とりあえず後方にいるユニットを前線に集めます。

第1ターン ドイツ軍第2移動&戦闘フェイズ
ソ連第37軍管区
1131にいる装甲師団が連続機動強襲をかけてユニットを除去していきます(機動強襲中にA1/D1が出て1ステップロス)。
e0003050_19465075.jpg


 その東横にいるドイツ軍第23&14装甲師団はソ連軍の横をすり抜けて南下。1430の町(名前忘れた)を占領。
e0003050_1950329.jpg

↑(ドイツ軍側から見て左翼線戦の様子)
 続いて、ロストフ正面の戦線について。ここはまず、1332にいるドイツ軍第13装甲師団が、1432(戦車旅団)と1433(親衛騎兵師団)に機動強襲を仕掛けます(どちらも成功)
e0003050_19535738.jpg

↑第13装甲師団が強襲攻撃を仕掛けるところ(空軍支援付き)

 他の部隊はソ連軍第12軍管区の2個狙撃兵師団(1132)に攻撃を仕掛けるため強襲マーカーを配置。
e0003050_19563261.jpg

↑強襲マーカーを置いたところ

 さて、戦闘の結果A1/D2だったので、ドイツ軍は第5SS師団をステップロスさせました(ソ連軍は除去)。

第1ターン ソ連軍第1移動フェイズ
 とりあえず前線に兵力を移動。プレイする前は、「どうせ兵はいくらでも沸いてくるわい。」と、思っていたのですが、増援登場へクスが思いの外、戦線後方にあるので戦線がはれない自体に!今回は前進防御の方針で行きましたが、まあえらい勢いで除去されて戦線を張れるユニットがいない!

e0003050_202636.jpg

↑第1ターン終了時

第2ターン ドイツ軍第1移動&攻撃フェイズ
 特別ルールで、ドイツ軍第14装甲師団が撤収。補充チェックは「ドイツ軍通常歩兵」でした(装甲師団が欲しい!)。

薄いところ攻撃して、ソ連軍が貼った戦線を突破します。
e0003050_205338.jpg


第2ターン ソ連軍第2移動&戦闘フェイズ
 何もすることがない。戦線整理だけ。

第2ターン ドイツ軍第2移動&戦闘フェイズ
 機動強襲と強襲を繰り返し1733の町を占領(名前忘れた)。ドイツ装甲部隊クバン河到達。

e0003050_2093918.jpg


 クバン河に到達したはいいが、すでに装甲部隊がボロボロなんだけど。こんなものなのだろうか。
e0003050_2012257.jpg



今回のプレイはここまで。
by sperling | 2011-07-18 20:14 | ウォーゲーム

ロンメル戦記(山崎雅弘著)を読みました

 ずっと前に買っていて機を見て少しずつ読んでいた山崎雅弘著「ロンメル戦記」をようやく読み終わりました。

 特に興味深く読んだのが、前半部分(1940年フランス戦まで)。北アフリカ戦以降のロンメルの戦歴はだいたい知っていましたが、それまでの戦歴はあまり知らなかったので、フランス戦での活躍ぶりや、第一次世界大戦でロンメルが何を学んだか、そしてその学んだことを第二次世界大戦でどのように生かしたか等々が分かり非常に興味深かったです。

 書き方も抑制が効いていて、戦況図も豊富。日本語で読めるロンメルのまとめとしては、なかなか良い本だと思います。

ロンメル戦記 (学研M文庫)

山崎 雅弘 / 学習研究社

スコア:




 この本を読むと、なぜか1940年のフランス戦のゲームをプレイしたくなるんだよな(笑)。と言ってもフランス戦のゲームはコマンドマガジンの付録でついたタイボンバ先生のダンケルク戦のゲームしかもってないや。
by sperling | 2011-07-14 20:36 | 読んだ(読んでいる)本

コーカサスキャンペーン練習プレイ

 気がつけば2011年の半分以上が過ぎていますが、ぼちぼちこちらのブログも更新していきたいと思います。というわけで、半年以上前にサイコロによって決めたように、今年初めのゲームはマークシモニッチ先生の「The Caucasus Campaign」

 昨日休みだったので、練習プレイと称して1ターンの途中まで進めてみました。基本的なルールは、そんなに奇をてらったものはなくすんなり理解できるルールだと思いました。ターンシークエンスと、戦闘修正や特殊ユニットの把握が少々面倒かなあとは感じましたが。

 セットアップは楽だし、プレイアビリティは高いみたいです。

e0003050_20255772.jpg

セットアップ
e0003050_20262155.jpg

第1ターン ドイツ軍第1戦闘フェイズ終了時
e0003050_20264135.jpg

第1ターン ドイツ軍第2戦闘フェイズ終了時
by sperling | 2011-07-13 20:32 | ウォーゲーム