<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

図書館で朝日ソノラマ版「海上護衛戦」を発見

e0003050_18172035.jpg

噂には聞いていたが、すごい派手な表紙!これ、絶対内容勘違いして買っている人がいるよな(笑)。

他にハンナ・ライチェの自伝と第2次世界大戦のドイツ本土爆撃に関する本があったので借りました(他にもたくさんあったけど今日はこれだけ)。
e0003050_18192832.jpg

by sperling | 2008-09-28 18:21 | 読んだ(読んでいる)本

中国4,000年の歴史が生んだゲームをプレイ

 これから今年の正月からあったこと出来事を少しずつ書いていきます。というわけで、まずは正月から。

 正月は、友人の家で中国4,000年の歴史が生んだゲームをプレイしました。ま、ようするにこれ↓のことですが(笑)
e0003050_23423710.jpg

……何を狙ってたんだろう?<<自分

 また麻雀をしつつ同じ部屋で友人がプレイしていた「ギレンの野望」も鑑賞しました。モビルアーマーに強いパイロット(注1)を乗せて、単騎突撃させる友人のプレイを見て唖然。戦力集中の原則ってあまり知られてないのかしら?ま、結局その戦闘では、友人が勝っていたけど。

 ちなみに、私が「ギレンの野望」をプレイしたときは、20部隊ぐらい立てこもっている地域に140部隊ぐらい突っ込ませるという、連合軍もビックリ!(注2)な戦力集中で勝利を目指していました。

 おかしいなー、ウォーゲームだとドイツ軍側で、「連合軍の物量何するものぞ!!」といいながらプレイするのが好きなのに(笑) 



注1 ガンダムはよく知らないので抽象的な説明になってしまいすいません。

注2 いや、連合軍の戦力集中の方がすごそうですが(笑)
by sperling | 2008-09-27 00:05 | 雑記

「あと1個です」という言葉の魔力

 blogを更新してない間でも、ウォーゲームやTRPGのルールブックはちょこちょこ買っていました。そのなかでも最大の買い物がこれ↓
e0003050_22514627.jpg


 a-gameでこの商品のページを見たときに「あと1個です」という文字が目に入りつい、購入ボタンを押してしまいました。興味があったゲームですし後悔はしてないですが、7,980円は結構な出費(注1)。

「あと1個です」という言葉は、本当に恐ろしい言葉ですね(笑)。

しかし、大きいゲームだなぁ
e0003050_23114255.jpg

いつも使ってるバックに収まらない様子↓
e0003050_2314528.jpg

もっと大きなキャリーバッグ買うか……


注1 正確にはこれと「東部戦線の崩壊」を一緒に購入したので約13,000円の出費でした。
by sperling | 2008-09-26 23:23 | 購入物

[お知らせ]あわせて読みたいを設置

あわせて読みたいを左のサイドバーに設置しました。

どういったサービスかというと、このblogを見た方が他にどんなblogを見ているか表示してくれるサービスです。

予想だと、他のウォーゲーム系blogが表示されると思いますが、意外なblogが出てきたりして(笑)

あわせて読みたい
by sperling | 2008-09-22 14:16 | 雑記

いちねんせいさんのつぶろぐに反応

いちねんせいさんのつぶろぐでこんな発言

 私も思ったことあります。そして棋譜を残そうと試みたこともありました。いちねんせいさんは、サイの目の不確実性があるから棋譜がないと書いておられますが、移動や攻撃の記録を残すならサイの目の不確実性は関係ないでしょう(サイの目を振って出た戦闘結果を書いておけばいいのですから(注1))。

 なぜ棋譜があまりないかというと、やはりそれを残すのがとても面倒だからなのではないでしょうか?私が以前残そうと試みたときは、プレイヤー2人、記録係1人という構成だったのですが、3ターン目あたりで早々にギブアップしてしまいました(あまりにプレイが進まないので)(注2)。

 というわけで、棋譜みたいな形でプレイ記録を残すのは相当プレイ時間がかかるのではないでしょうか(ビッグゲームならなおさら)。だから、ウォーゲームblogでのプレイ記録は、写真+プレイの大まかな流れ(印象的な場面の記述)といった記録が多いのではないかなぁと思っている次第です(注3)。

 ウォーゲームを盛り上げるためには、優れた商品はもちろんのこと、優れたプレイ記録や観戦記も必要なのだろうなぁと思ってみたり(注4)。 


注1
むしろサイの目の不確実性が問題になってくるのは、作戦研究(将棋で言う定跡研究)でしょう。将棋みたいに、相手の駒がいるところに進入したら確実に除去できるわけではないので、先が読みにくいから。

注2
プレイしたゲームはたしかこれのバストーニュシナリオ

注3
仮に残すことができても、膨大な量になってblogや紙面に掲載するとき苦労するだろうなぁ。

注4
精進します。
by sperling | 2008-09-22 14:09 | ウォーゲーム

[例会報告]広島ゲームサービス9月例会報告(サブタイトル:秋の鉄道ゲーム祭り)

それでは、まずは昨日参加した広島ゲームサービスの例会報告から。

 今回は鉄道ゲームのマルチばかりプレイしました。まずプレイしたのが、ドイツの鉄道ゲーム(名前忘れた)。基本的なシステムは、列車を動かして線路を延ばし、都市と都市をつなぎお金を得るというもの。あとは列車をひとつ動かすごとにもらえる株券や小都市にある資源ルール等があります。また列車や駅の駒は、ドイツゲーらしく木製でした。

 プレイした感想ですが、手軽な鉄道ゲームといった感じでした(私がいままでプレイした鉄道ゲームの中では)。


 次にプレイしたのが、「蒸気の時代」という鉄道ゲーム(帰って調べたら有名な作品みたいですね)。まず1ターンインストプレイして、午後から本格的なプレイとなりました。

 このゲームをプレイする前に、他のプレイヤーの方から、このゲームは「借金ゲー」&「すき焼き(焼き肉)ゲー」だといわれて「?」と思ったのですが、プレイしてその言葉の意味が分かりました。

 このゲームはとにかく何をするにもお金がかかります。最初の順番決めのベットから始まって線路の敷設、借金(株券)の利払い、汽車の維持費等々。それと比較して序盤の手持ちの金の乏しいこと、一応都市にある物資を対応する別の都市に自分が敷設した線路経由で運べば収入が増えますが、序盤では雀の涙です。

 というわけでこのゲームは、序盤は積極的に借金をして線路を敷設していき、収入を増やしていくのが定石とのこと(注1)。借金ゲーというのもうなずけます(笑)。

 次に「すき焼き(焼き肉)ゲー」の意味。このゲームは線路を敷設したあと、都市にある物資を対応する色の都市に自分が敷設した線路経由で運ぶことにより収入が増えます。物資を運ぶ順番は、基本的に最初のベットによる順番で行われます(カードによる変動あり)。よって、順番が最後の方になっていると自分が狙っている物資を先に別のプレイヤーに動かされて涙目、という光景が結構起こります。こういった光景が、焼き肉やすき焼きにおける肉の取り合いを思い起こさせるらしいです(笑)。

 今回は5人でプレイしましたが、テンポ良く進みあっという間にゲームが終わりました。プレイアビリティも相当高いようですね。このゲームは面白かった。

 このゲームのあと少し時間が余ったので、宇宙を舞台としたカードゲームをプレイしたのですが、いまいち要領がつかめず、何をしていいか分からないまま終了。うーむ、モンコレなら分かるんだがなぁ(←それはTCGとセルフツッコミ)

 他の場所では、アイラウの戦い、バルジゲームのテストプレイが行われていました。バルジでVT信管が使われていたことを聞いて( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーと思いました(注2)。

以上。9月の例会報告でした。


注1
他のゲームサークルではどういうプレイをしているのか分からないので、この定石がどこまで普遍性を持つか分かりませんが。

注2
これって有名な話なのだろうか?私の場合、VT信管と聞くとどうしても「マリアナ沖海戦」を思い浮かべてしまいます。
by sperling | 2008-09-22 13:19 | ウォーゲーム

再開

気がつけば、前回の投稿から半年以上も立ってしまいました。忙しさにかまけて、更新をのばしのばしに結果がこれです。ホントにダメ人間だなぁ<<自分

というわけで、今日から再開します。書かなければいけないプレイ報告等も書いていく予定です。
by sperling | 2008-09-22 12:33 | 雑記