カテゴリ:Opera( 5 )

外観の設定を変えてみよう Opera8.50


Opera普及作戦第4弾。今回は外観の変更です。
といっても私はそんなに変えているわけではないですが。
 外観の変えるには、ツール(T)→外観の設定(P)を選ぶと設定ダイアログが出てきます(もしくは、表示(V)→ツールバー(T)→カスタマイズを選ぶ)。
 ここではスキンの変更、パネルの追加、、パーソナルバーやページバーなどの各種設定ができます。
 私の説明を読むよりは実際にいろいろ変えてみましょう。
ちなみに私は次のように変えています

・パーソナルバー 表示 (パーソナルバーにはブックマークに登録しているアドレスを載せることができます。よくいくページはパーソナルバーに載せておくといいかも)

・ページバー 上に表示(テキストのみ) 自動改行しない 自動改行するに変更すると多段表示になります

パネル パネルの位置(左) 配置 上に表示(テキストのみ) 

スキン スキンはrag-blster042l を使用しています。スキンは設定ダイアログを表示して、スキンを選び他のスキンを探すを選べば手に入れることができます。もしくは、Opera Community(注 英語サイトです)へ行き、Customaizeを選び、Skinの項目を選ぶことによりスキンを手に入れることができます(どちらも同じものです)。

スキン変えるのめんどくさいやという方は、外観の配色を変えるというのはどうでしょう?ちょっとした気分転換には有効ですよ。
e0003050_015175.jpg

↑これが今の状態です。ちなみに左のパネルはF4で表示・非表示に切り替えることができます。
by sperling | 2005-10-05 00:08 | Opera

Operaのカスタマイズ




Opera普及普及作戦第3弾。今回はOperaのカスタマイズです。
カスタマイズといっても、私はそんなにばりばりいじってるわけではありません(笑)。
私がカスタマイズしている部分は

・フラッシュの制御
・サーチエンジンの追加


ぐらいです。
今回はこの2つのカスタマイズについて述べます。
・・・・・・・といってもカスタマイズのやり方は、以前にも紹介したFrontPage - Opera-PukiWikiの中にあるカスタマイズに書いてあるので、ここではその補足を述べたいと思います。

続きを読む
by sperling | 2005-10-03 15:52 | Opera

Operaの設定を変えてみよう

Opera普及作戦(勝手に命名)第2弾。
今回はOperaを導入したらやっておいた方がよい設定について述べます。
このような設定やカスタマイズに関しては、以前のエントリで紹介した
FrontPage - Opera-PukiWiki

君、Operaをつかいたまへ
がよくまとまっています。
これから述べることは、上記のページで紹介されている情報とそんなに違わないので、上記のページを参照していただいた方がいいかもしれません。

それでは早速設定を変えてみましょう。
設定を変えるには画面上部にあるツール(T)をクリックし、設定を選びます。
そうすると設定のダイアログが出てきます。ここで設定を変えます。

まず詳細設定を選びましょう。
そして「ブラウジング」を選び 描描画のタイミングを「すぐに再描画にするに」変更します(ただしOpera8以降、すぐに再描画すると不具合が起こる場合があるらしいので、様子を見て自分にあった設定にしましょう)。
あと「なめらかにスクロールする」のチェックをはずしましょう(8.50だとデフォルトでチェックが入っていたような)。
ブックマークを新しいタブから開くには、ここの「新しいページを自動で開かない」のチェックをはずします。

次は「履歴」を選びます。
ここでは、メモリキャッシュを変更します。メモリキャッシュは「自動」以外にしたほうが良いみたいです。
あとここの下にある、ドキュメント、画像、その他は「常にチェックする」を選択しましょう。

次はネットワークを選びます。
ここではサーバーへの接続数、最大の総接続数を変更します。
デフォルトでは、サーべーへの接続数8、最大の総接続数20になっているはずです。私のように低速回線(いまだダイアルアップorz)なら1,2段階下げた方が良いみたいです。逆に高速回線なら上げた方がよいのかな?(高速回線を利用したことないので何ともいえませんが)ちょこちょこ変更して自分にあった接続数を見つけましょう。

まずは、これぐらいかな。
このほかにもOperaはいろいろ設定できますので、自分にあった設定を見つけていきましょう。

おまけ
覚えておくと便利なマウスジェスチャー・キーボードショートカット
Operaは最初からマウスジェスチャーとキーボードショートカットを搭載しています。これになれると手放せなくなるぐらい便利な機能ですので、よく使う機能だけでも覚えておきましょう(以下は、私がよく使うマウスジェスチャー・キーボードショートカットです 他にもたくさんありますのでヘルプを参照のこと)。

マウスジェスチャー
進む        
マウスの左ボタンを押しながら右ボタンをクリック
戻る        
上記の逆 マウスの右ボタンを押しながら左ボタンをクリック
新しいタブを開く 
右ボタンを押しながら、マウスを下へ動かす
タブを閉じる    
右ボタンを押しながらマウスを下→右、もしくは右→左→右へ動かす
空白のタブで左ボタンをダブルクリック 
ホームページへ移動します(ホームページ の設定はツール→設定→一般設定のところで設定できます)。
タブの切り替え 
右ボタンを押しながらマウスホイールを回す
画面の拡大縮小 
コントロールキー(Ctrlキー)を押しながらマウスホイールを回す(奥に回すと拡大、手前に回すと縮小)

キーボードショートカット
タブの切り替え 
1、2キー(1が左のタブへの切り替え、2が右のタブへ切り替える)
タブを閉じる   
コントロールキー(Ctrlキー)+Wキー(間違ってとなりのQキーを押さないこと。押すとOperaが終了します(笑))
ホットリストの表示・非表示 
F4キー
ページを画面の幅へ合わせる 
コントロールキー(Ctrlキー)+F11キー

私がよく使うマウスジェスチャー・キーボードショートカットはこれぐらいかな。他にも便利なショートカットがあるので探してみましょう。
by sperling | 2005-09-28 20:23 | Opera

Opera8.50公開

Opera無料版から広告撤去(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0509/20/news051.html

話題としては少し遅いですが、Opera8.50が公開されました。
ついにOpera8.50から今まで無償版で表示されていた広告が無くなり、実質無料で利用できるようになりました。
昔トランスウェアからライセンスコードを購入した私としては少し複雑な気分ですが、これを機にOperaの使用者が増えてくれれば、一Operaユーザーとして嬉しいことに違いありません。

よーし、無料化を記念してOperaの紹介をしちゃおうっと(宣伝宣伝)。

OperaはOPERASoftwareが開発したタブブラウザです。
主な特徴として
・独自レンダリング
・強力なメモリキャッシュ機能
このおかげで進む戻るが異常に早いです
・マウスジェスチャー機能搭載
便利です 一度使ったらやめられません(笑)
・キビキビとした動作
私は4年前のノートパソコンを使っていますが、IEと比較にならないぐらい動作が速いです
・認証管理機能
一度パスワードを入力したらあとはボタン一発で入れます。もちろんこの機能を使わないことも可
・セキュリティ面で安心 
IEよりは安全です(笑)
・スキンが豊富
等があげられます
これぐらいかな。ちなみに画面はこんな感じです↓
e0003050_4284875.jpg

画面はOpera8.50です。まだあまりいじってません

逆に欠点としては
・正常に表示されないサイトがある
・起動が遅い(だんだん改善されているとは思います)
があげられます。
そして一番の欠点は

エキサイトブログで画像がアップできないこと

このせいで、画像が必要なエントリだけゲイツブラウザを使わなければいけませんorz。ごめんよOpera。

Opera8.50のダウンロードはこちらから 
Opera公式(日本語)

Operaに関する情報ならここがよくまとまっていると思います。 
FrontPage - Opera-PukiWiki
by sperling | 2005-09-28 05:05 | Opera

祭に乗り遅れた

Opera Software「Opera」10周年を記念しライセンスコードを無料配布(8月30日)。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/08/30/opera10anniversary.html

いつのまにかこんなことやってたのね。orz 
まあ、私はもうライセンスコード買ってるんでいらないっちゃいらないんですけどね。
何はともあれ「Opera」10周年おめでとうございます。
・・・・・・・しかしOpera Software太っ腹だなぁ。潰れなきゃいいけど。

「Opera」はOpera Softwareが出しているタブブラウザです。
by sperling | 2005-09-02 23:50 | Opera