カテゴリ:ウォーゲーム( 149 )

[ウォーゲーム]Turning the Tableをプレイ

e0003050_2353691.jpg


買ってほったらかしにしていた、Turning the Table(略称TtT)をようやくプレイしました。とりあえず今回はルールブックを見ながら確認プレイです。

ソ連軍の狙う場所は……
e0003050_23112942.jpg

やっぱここだろうなぁ。突破後、ドニエプロペトロスフクを狙うか、ハリコフを狙うか悩ましいところ。

ソ連軍最初の移動
e0003050_2312868.jpg

とりあえずかき集められるだけ、かき集めてみましたw

次回は戦闘の流れを書く予定。
by sperling | 2008-10-07 23:26 | ウォーゲーム

いちねんせいさんのつぶろぐに反応

いちねんせいさんのつぶろぐでこんな発言

 私も思ったことあります。そして棋譜を残そうと試みたこともありました。いちねんせいさんは、サイの目の不確実性があるから棋譜がないと書いておられますが、移動や攻撃の記録を残すならサイの目の不確実性は関係ないでしょう(サイの目を振って出た戦闘結果を書いておけばいいのですから(注1))。

 なぜ棋譜があまりないかというと、やはりそれを残すのがとても面倒だからなのではないでしょうか?私が以前残そうと試みたときは、プレイヤー2人、記録係1人という構成だったのですが、3ターン目あたりで早々にギブアップしてしまいました(あまりにプレイが進まないので)(注2)。

 というわけで、棋譜みたいな形でプレイ記録を残すのは相当プレイ時間がかかるのではないでしょうか(ビッグゲームならなおさら)。だから、ウォーゲームblogでのプレイ記録は、写真+プレイの大まかな流れ(印象的な場面の記述)といった記録が多いのではないかなぁと思っている次第です(注3)。

 ウォーゲームを盛り上げるためには、優れた商品はもちろんのこと、優れたプレイ記録や観戦記も必要なのだろうなぁと思ってみたり(注4)。 


注1
むしろサイの目の不確実性が問題になってくるのは、作戦研究(将棋で言う定跡研究)でしょう。将棋みたいに、相手の駒がいるところに進入したら確実に除去できるわけではないので、先が読みにくいから。

注2
プレイしたゲームはたしかこれのバストーニュシナリオ

注3
仮に残すことができても、膨大な量になってblogや紙面に掲載するとき苦労するだろうなぁ。

注4
精進します。
by sperling | 2008-09-22 14:09 | ウォーゲーム

[例会報告]広島ゲームサービス9月例会報告(サブタイトル:秋の鉄道ゲーム祭り)

それでは、まずは昨日参加した広島ゲームサービスの例会報告から。

 今回は鉄道ゲームのマルチばかりプレイしました。まずプレイしたのが、ドイツの鉄道ゲーム(名前忘れた)。基本的なシステムは、列車を動かして線路を延ばし、都市と都市をつなぎお金を得るというもの。あとは列車をひとつ動かすごとにもらえる株券や小都市にある資源ルール等があります。また列車や駅の駒は、ドイツゲーらしく木製でした。

 プレイした感想ですが、手軽な鉄道ゲームといった感じでした(私がいままでプレイした鉄道ゲームの中では)。


 次にプレイしたのが、「蒸気の時代」という鉄道ゲーム(帰って調べたら有名な作品みたいですね)。まず1ターンインストプレイして、午後から本格的なプレイとなりました。

 このゲームをプレイする前に、他のプレイヤーの方から、このゲームは「借金ゲー」&「すき焼き(焼き肉)ゲー」だといわれて「?」と思ったのですが、プレイしてその言葉の意味が分かりました。

 このゲームはとにかく何をするにもお金がかかります。最初の順番決めのベットから始まって線路の敷設、借金(株券)の利払い、汽車の維持費等々。それと比較して序盤の手持ちの金の乏しいこと、一応都市にある物資を対応する別の都市に自分が敷設した線路経由で運べば収入が増えますが、序盤では雀の涙です。

 というわけでこのゲームは、序盤は積極的に借金をして線路を敷設していき、収入を増やしていくのが定石とのこと(注1)。借金ゲーというのもうなずけます(笑)。

 次に「すき焼き(焼き肉)ゲー」の意味。このゲームは線路を敷設したあと、都市にある物資を対応する色の都市に自分が敷設した線路経由で運ぶことにより収入が増えます。物資を運ぶ順番は、基本的に最初のベットによる順番で行われます(カードによる変動あり)。よって、順番が最後の方になっていると自分が狙っている物資を先に別のプレイヤーに動かされて涙目、という光景が結構起こります。こういった光景が、焼き肉やすき焼きにおける肉の取り合いを思い起こさせるらしいです(笑)。

 今回は5人でプレイしましたが、テンポ良く進みあっという間にゲームが終わりました。プレイアビリティも相当高いようですね。このゲームは面白かった。

 このゲームのあと少し時間が余ったので、宇宙を舞台としたカードゲームをプレイしたのですが、いまいち要領がつかめず、何をしていいか分からないまま終了。うーむ、モンコレなら分かるんだがなぁ(←それはTCGとセルフツッコミ)

 他の場所では、アイラウの戦い、バルジゲームのテストプレイが行われていました。バルジでVT信管が使われていたことを聞いて( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーと思いました(注2)。

以上。9月の例会報告でした。


注1
他のゲームサークルではどういうプレイをしているのか分からないので、この定石がどこまで普遍性を持つか分かりませんが。

注2
これって有名な話なのだろうか?私の場合、VT信管と聞くとどうしても「マリアナ沖海戦」を思い浮かべてしまいます。
by sperling | 2008-09-22 13:19 | ウォーゲーム

[激闘ノルマンディ](序盤の)主役はイギリス軍!

モントゴメリーは、グッドウッド作戦に関して発表するさいに、あまりに楽観的なものの言い方をした。アイゼンハワーらSHAEF(引用者注:連合軍遠征軍総司令部)の首脳部は、彼が突破作戦を考えていると思いこんだ。だが作戦は不首尾に終わり、彼らはひどく立腹した。とくに、モントゴメリーが作戦の目標について、ドイツ軍を足止めし、ブラッドリーが攻撃しやすくすることだったと抗弁したので、彼らはいっそう怒りを募らせた。(「地図で読む世界の歴史 ノルマンディー上陸作戦」 P123-124より引用)

はじめに
 本ゲームの原題は「COBRA」ですが、第1ターンは7/18から、つまり「グッドウッド作戦」からはじまるのです。カーン東部に集められた機甲師団、イギリス軍にだけ補給ポイントが最初から3ポイントある等々の事を考えれば、次のような考えが浮かぶのは自然だと思います。


じゃあ、グッドウッド作戦でモントゴメリーが本気出せばどうなったの?


 というわけで、ここでは序盤のイギリス軍について考えていきます。ちなみに歴史上のグッドウッド作戦はわずか3日(このゲームで言えばわずか1ターン)で失敗に終わりました。w-)……

続きを読む
by sperling | 2008-01-13 22:57 | ウォーゲーム

トーマス・W ・グレイブライン氏の作戦研究記事の疑問点

はじめに 
 シックスアングルズ別冊「激闘ノルマンディ」に収録されているトーマス・W ・グレイブライン氏による作戦研究記事は非常に参考になる記事なのですが、実際動かしてみると「?」という箇所が出てきます。そこでこのエントリーでは、私が感じた疑問点を列挙するとともに、その解決案を提示したいと思います。

続きを読む
by sperling | 2007-12-28 15:45 | ウォーゲーム

[ゲーム紹介]「COBRA(激闘ノルマンディ)」(シックスアングルズ別冊)

はじめに
本ゲームは、発売後いくつかのエラッタが発見されています。
エラッタに関しては、発行者である山崎雅弘氏のサイトで確認してください。
http://www.mas-yamazaki.net/sixangles_cobra.html

本エントリーの文章はそのエラッタを反映させた内容となっています(赤字の部分が該当部分)。

ゲーム期間
 本ゲームは1944年7月16日から8月23日までのノルマンディ地方におけるドイツ軍と連合軍の戦いを1ターン=3日で扱っています。

勝利条件
 各陣営の獲得VPを比較して勝利判定を行います。ドイツ軍は主に連合軍除去と脱出によるVP獲得、連合軍はドイツ軍除去によるVP獲得と機甲部隊の早期突破によるVP獲得を狙います。

ユニットの規模
 ユニットは、師団、連隊規模がほとんどですが、大隊規模のユニットも存在します。

ターンシークエンス
 1ターンはドイツ軍先攻で、天候判定フェイズ-補充フェイズ-通常移動フェイズ-戦闘フェイズ-機械化移動フェイズで構成されています(連合軍は天候判定フェイズと補充フェイズの間に「補給受領フェイズ」がある以外は同じ)。

補充
 ドイツ軍はターン毎に歩兵ユニット2ポイント、装甲ユニット1ポイントの補充を受け取りますが、連合軍は条件を満たせば何ユニットでも補充を受け取ることができます(1ターンに1ステップずつですが)。

ZOC
 ZOCは司令部以外のユニットが持ちます。ZOCの影響を受けるのは、移動、補給戦、連絡線です。

スタック制限
 各ユニットには、スタック価というものが設定されており(基本的に連隊が1、旅団が1.5、師団が3)、1ヘックスに3スタック価までスタックさせることが可能です。また司令部と大隊規模ユニットにはスタック価が設定されておらず、1ヘックスに何枚でもスタックさせることが可能です。
 
 移動時において一時的なスタック超過が認められていますが、(戦闘結果による)退却時には一時的なスタック超過は認められていないので、攻撃するときは(特にドイツ軍がよく使うと思う低比率攻撃による離脱狙いの攻撃)には注意が必要です。

移動
 連合軍は額面通りの移動力を使えるのですが、ドイツ軍は天候によって使える移動力が異なります。簡単にいうと、晴れの時はほとんど動けず、天候が悪化すれば、自由に動けます。

オーバーラン
 移動中の同一師団効果を受けた装甲(機甲)連隊/装甲擲団兵連隊とトラックマーカーを乗せた米歩兵師団のみが、移動時に3移動力を消費してオーバーランを実施できます。オーバーランを行うときは額面の数値を用いて戦闘比率を算出します。オーバーランは1フェイズ中、各師団2回まで(トラックマーカーを乗せた米歩兵師団は1回のみ)実施できます(連合軍はこれに加えて指揮レベルによる回数制限があります)。

オーバーランは通常移動フェイズにのみ実施できます(機械化移動フェイズには実施できません。)

同一師団効果とは?
 ある師団を構成するユニットが同一ヘクスでスタックしているとき、同一師団効果を発揮できます。同一師団効果を発揮しているときは、攻撃時と防御時に戦闘力が2倍になります(また上で述べたようにオーバーランも実施できます)。同一師団効果の特典を受けられるのは、装甲(機甲)師団/装甲擲団兵師団とトラックマーカーを乗せた米歩兵師団のみです(ドイツ軍/連合軍の歩兵師団は同一師団効果の特典を受けることができません)。
 
戦闘
 戦闘は戦闘比を立てる方式で解決します。戦闘修正はコラムシフトが主ですが、戦闘修正の種類が多く(地形による修正、司令部による修正、独重戦車大隊による修正(攻撃時のみ)etcetc)、把握に苦労するかもしれません(プレイ補助シートを見れば全部載っていますので無理に覚える必要はないです)。

戦闘結果は損害数で表されており、ステップロスもしくは退却で満たさなければいけません(ステップロスと退却の組み合わせで満たすことはできません)。

 ドイツ軍には戦闘回数の制限がありませんが、連合軍は「補給ポイント」と「指揮レベル」によって戦闘回数に制限があります。また連合軍は攻撃フェイズ開始時にどこで戦闘を行うか宣言しないといけません。

航空戦力
 ノルマンディ戦のゲームなら大体このルールがありますね。もちろん本ゲームにも存在します。本ゲームにおける航空戦力の役割は「攻撃支援」と「じゅうたん(絨毯)爆撃です」。どれくらいの航空戦力マーカーが使えるかは、連合軍天候決定フェイズで決まります(最大が6枚)。

攻撃支援
 連合軍が攻撃を行う際、1コラム連合軍有利になります。

じゅうたん(絨毯)爆撃
 じゅうたん(絨毯)爆撃は天候が「晴天」の時のみ行えて、連合軍の攻撃開始前に実施します。じゅうたん(絨毯)爆撃を行った場合攻撃支援は行えません。またじゅうたん(絨毯)爆撃は1ゲーム中に1回しか行えません。

基本的なルールは以上です。
私が書くとどうしても、ゲーム紹介じゃなくて「ルール紹介」になってしまうなぁ。
e0003050_14175863.jpg

by sperling | 2007-12-28 14:29 | ウォーゲーム

ナポレオンもののゲームは持っていませんが

ベラルーシでベレジナ川の戦いを再現(AFPニュース)
こういう記事を見ると、ナポレオンもののゲームをやりたくなってきたり(笑)
by sperling | 2007-11-28 16:23 | ウォーゲーム

欲しい本がいっぱい

 岡山市の駅前にある某本屋に寄ったのですが、そこの軍事書コーナーに寄ると、「ラスト オブ カンプグルッペ」、「続・ラスト オブ カンプグルッペ」、「ヴィットマン(上・下)」、「チェルカッシー包囲戦」、リイド社から出ているSS師団本等々、物欲を刺激される本がたくさんありました。……給料日は明日なんだよなぁorz

 ちなみにそこのコーナーには、いわゆる萌えミリタリー系の本も置いてあり、なんとも不思議なコントラストを醸し出していました(なぜか脱オタファッションガイドもおいてあった・・・…)。
by sperling | 2007-11-21 16:42 | ウォーゲーム

Twitterで例会の実況は可能か

以前、Twitterで例会の実況をしてみますという記事を書いたような気がします。結論から言うと無理orz やはり、ゲームに熱中していると実況する暇なんてないですね。

まぁ、そもそもそう言った実況にどれくらい需要があるかといえばそれほどないでしょうしねぇ……

ソロプレイ実況ならできるかも。


あと、Twitterの背景を今は「Twilight Struggle」に設定していますが、季節ごとに変えるのもいいかも、12月はバルジものにするとか。
by sperling | 2007-11-17 12:50 | ウォーゲーム

広島ゲームサービス11月例会に参加しました

少し遅くなりましたが、広島ゲームサービス11月例会に参加してきました。

コマンドマガジン最新号を読む
例会会場に少し遅れて入ったら、机の上にコマンドマガジン最新号があったのでぱらぱらと。お、decision gamesのLuftwaffeおもしろそう(最近光人社の「ドイツ本土戦略爆撃」を読んだ影響かも)。

AH「共和制ローマ」
まずは、AHの「共和制ローマ」をプレイしました。ゲームの内容はローマ時代のある派閥を運営して、国外から襲ってくるさまざまな出来事を退けつつ、名声(影響値)を得て自派閥の勝利を目指すゲームです(多分、こういう認識であっていると思う)

ゲームの展開は、サイの目にも恵まれ、国外の敵対勢力をうまく排除することができ、なんとか、ゲームの初期はやり遂げることができました。
e0003050_15485511.jpg

18シリーズ
このゲームは、1,2回やった記憶があるのですが、今回はあまりの展開の早さにゲーム終了時まで( ゚Д゚)ポカーンとした状態でした(笑)最後の方になってようやく、何をやればいいかおぼろげに分かってきたようなきがしますが……
e0003050_15491313.jpg

他の場所では……
ゲームジャーナルのレイテ決戦をプレイしていたようです。
私が見たときは、もうゲーム終盤で、レイテ島にこもる日本軍を米軍が艦砲射撃や爆撃で吹き飛ばしているというなんとも泣ける展開になっていました。
e0003050_15492861.jpg


今回は作戦級ゲームをプレイしてないなぁ。来月は作戦級ゲームをプレイしようかなぁ(参加できればね)。とすれば、やはりバルジか?
by sperling | 2007-11-15 15:51 | ウォーゲーム