HGS例会報告


 以前言ったように私は、今月のHGSの例会には行ってないのですが、HGSのインターネット出張所に今月の例会報告がUPされています。

 その中で「War for the Motherland」のセットアップ高速化の話題があるのですが、私は直接マップに書き込むのにどうも抵抗があります(美しいマップならなおさら)。これに関してはプレイ用と保存用に1個ずつ買うというのが一番の解決法かなぁ。
 ビックゲームはユニット管理が大変というのは同意します(特に分割、統合を繰り返すゲームだと本当に大変です)。
 ちなみに「War for the Motherland」の場合、私は小さな小袋をたくさん用意して次のように分けて保管しています。
・ドイツ軍初期配置ユニット     
・ドイツ軍増援ユニット(1~12ターン)(要するに短期シナリオで使うユニット)
・ドイツ軍増援ユニット(13~24ターン)(中期シナリオで使うユニット)
・ドイツ軍増援ユニット(24ターン以降)
・分割ユニット
・マーカー

 ソ連軍も書くと長くなるので割愛しますが、ドイツ軍と同じようにシナリオごとに分けています。プレイするときはシナリオで使う袋を出せばいいので、合理的(と本人は思っています)。
 
 配置に関しては、麻雀みたいに全自動配置卓でもあればいいのに(笑)。
by sperling | 2005-09-12 17:52 | ウォーゲーム
<< 読んだ本「海上護衛戦」 大井篤著 モスクワの重要性 >>