中国4,000年の歴史が生んだゲームをプレイ

 これから今年の正月からあったこと出来事を少しずつ書いていきます。というわけで、まずは正月から。

 正月は、友人の家で中国4,000年の歴史が生んだゲームをプレイしました。ま、ようするにこれ↓のことですが(笑)
e0003050_23423710.jpg

……何を狙ってたんだろう?<<自分

 また麻雀をしつつ同じ部屋で友人がプレイしていた「ギレンの野望」も鑑賞しました。モビルアーマーに強いパイロット(注1)を乗せて、単騎突撃させる友人のプレイを見て唖然。戦力集中の原則ってあまり知られてないのかしら?ま、結局その戦闘では、友人が勝っていたけど。

 ちなみに、私が「ギレンの野望」をプレイしたときは、20部隊ぐらい立てこもっている地域に140部隊ぐらい突っ込ませるという、連合軍もビックリ!(注2)な戦力集中で勝利を目指していました。

 おかしいなー、ウォーゲームだとドイツ軍側で、「連合軍の物量何するものぞ!!」といいながらプレイするのが好きなのに(笑) 



注1 ガンダムはよく知らないので抽象的な説明になってしまいすいません。

注2 いや、連合軍の戦力集中の方がすごそうですが(笑)
by sperling | 2008-09-27 00:05 | 雑記
<< 図書館で朝日ソノラマ版「海上護... 「あと1個です」という言葉の魔力 >>