練習プレイ「War for the Motherland」 6ターン~9ターン

 毎日少しずつ進めている「War for the Motherland」。今回は前回からの続きで、6ターン~9ターンの始めまでの記録です。



6~7ターン(8月下旬~9・10月)
 ドイツ軍は順調に進撃を続け、南方軍集団戦区では6ターンキエフ、オデッサ占領。中央軍集団もヴァジマ占領。また2ターン目で消費した2個の補給ユニットは、中央軍集団戦区に配置、また増援の拡張補給ユニットは南方軍集団戦区に配置しました。補給切れは起こらず、順調な進撃といえるでしょう。
 ソ連軍はモスクワ前面に各科統合軍ユニット配置し戦線を作ります。レニングラードは諦めました・・・・・・・(まだ落ちてないけど)。
 7ターンの管理フェイズでは、モスクワ、レニングラード前面に展開しているドイツ軍戦闘団ユニットを軍団に統合(南方はまだ機動の余地ありとして戦闘団のままです)。
 ソ連軍はドニエプロペトロフスクとツーラにある工場を疎開させました(生産ナンバー<壊滅資産数なので、攻勢支援群の生産はなしです)。
8~9ターン(11月~12月)
 このターンからは、降雪ターンとなります。このターンから戦闘の際のサイの目修正+3により損害が増大します(両軍とも)。ここで9ターン開始時の戦区ごとの装甲ユニット数を見てみると
(戦区割りは適当です)

北方軍集団戦区(レニングラード~25**まで)
9-8-7 1個
7-6-7 1個

中央軍集団戦区(25**~40**まで)
7-6-7 2個
4-3-8 2個
2-1-8 1個

南方軍集団戦区(40**~57**まで)
7-6-7 3個

 スッテプ数で数えると27ステップかな。ちなみに開始時には9-8-7が10個あったので40ステップ(途中増援で9-8-7が1個来るので実際は44ステップ)です。
・・・・・・・ほぼ半減!うーんさすがにこのあたりになると攻撃をためらってしまいます。
 逆にソ連軍は大量の増援&たとえステップロスしても、管理フェイズ時にドイツ軍に接敵していなければ、そのチットをはずせる(つまり次のターンは新しいチットを適用できる)ので積極的に攻撃できます。
 そろそろ攻勢も限界かしら?
e0003050_0171429.jpg

↑9ターン開始時(中央軍集団戦区)

e0003050_0183914.jpg

↑9ターン開始時(南方軍集団戦区)

最近は携帯の荒い画像ばかりでスミマセン。
by sperling | 2005-09-08 00:22 | ウォーゲーム
<< 練習プレイ 「War for ... ソ連軍の戦術に関する覚え書き >>