トーマス・W ・グレイブライン氏の作戦研究記事の疑問点

はじめに 
 シックスアングルズ別冊「激闘ノルマンディ」に収録されているトーマス・W ・グレイブライン氏による作戦研究記事は非常に参考になる記事なのですが、実際動かしてみると「?」という箇所が出てきます。そこでこのエントリーでは、私が感じた疑問点を列挙するとともに、その解決案を提示したいと思います。



第10SS装甲師団第10装甲連隊の移動
 第10SS装甲師団に関して、グレイブライン氏の研究記事では次のように書かれています。
第10SS装甲師団は、同じ道路を西に進み、ヘクス2409で予備として待機する。

 しかしヘクス3205に初期配置されている第10SS装甲師団第10装甲連隊は、敵ZOCに阻まれ移動ができません。

解決案
 移動による離脱ができないのならば、攻撃による離脱を狙うしかありません。しかしこのままでは、ヘクス3206(112高地)にいる独第272歩兵師団が邪魔で退却できません(退却時にはスタック制限が常に適用されることに注意)。というわけで、独第272歩兵師団を移動させるので すが、後方に下げるか、前線に投入するか悩ましいところです(今回の例では前線に投入してみました)。
 ちなみにリプレイ記事でもこの箇所は攻撃による離脱を狙っていますが、2個連隊で攻撃しているんですよね。うーん、ヘクス3005に初期配置される第10SS装甲師団第22装甲擲弾兵連隊はヘクス3006に離脱できると思うのですが(まぁ、これは嗜好の違いといえばそれまでですけどね)。
e0003050_15402189.jpg

↑第10SS装甲師団第10装甲連隊移動案

司令部の運用
 グレイブライン氏の研究記事では、司令部の運用に関して触れていません。たしかに初期配置でほぼまんべんなく各前線ユニットに戦闘修正が適用できる状態にあるので特に問題がないと言えます。しかしじゅうたん(絨毯)爆撃への対応等を考えておいて損はないでしょう。

解決案
 司令部は道路上に置いて縦横に活躍させたいものです。初期配置で道路上に存在していない司令部は、第2降下猟兵軍団司令部(ヘクス1807)と第84歩兵軍団司令部(ヘクス0805)が道路上に存在していません。そこで通常移動フェイズで道路に進入させましょう。そして司令部は機械化移動フェイズでなるべく他のユニットとスタックさせておきたいものです。

英第3歩兵師団を攻撃すべきか?
 研究記事では3:1で攻撃できるとかいていますが、3:1って結構攻撃側が損害被る可能性が高いです。そしてその傷にイギリス軍が攻撃を集中させてきたら……次に第1ターンのカーン周辺の戦いの様子をアップする予定ですが、まさにそのような状態になってしまいました。
by sperling | 2007-12-28 15:45 | ウォーゲーム
<< あけましておめでとうございます [ゲーム紹介]「COBRA(激... >>