ゲームの効能

お知らせ
スパムコメントが多いので現在キーワードによるコメント・トラックバック拒否を行っています。コメント・トラックバックが送れない場合キーワードに引っかかっている場合がありますので、そのときはメールでお知らせ下さい。

A Home Of Game Apesさん経由。

ウォーゲームは啓発のために使えるか?(スパイク通信員の軍事評論)

記事の中身は、軍事・外交センスを磨くのにウォーゲームは役に立つだろうという内容です。

この内容に関して異論はありません。ウォーゲームをプレイすれば「気合い」や「根性」だけでは勝てないということがよーく分かりますし(笑)、また本を読むときもウォーゲームをやっていれば理解が深まると思います(このことはシックスアングルズで山崎雅弘氏も述べていたような…)。

あと、ゲームはある分野を学ぶきっかけにもなります。私は最初第二時世界大戦が興味の範囲でしたがPaths of Gloryをプレイして、第一次世界大戦に興味を持ちましたし、ある分野への興味を持つきっかけとしてゲームというのは役に立つと思います(ゲームが及ぼす正の影響はいまコーエーとどこかの大学が協力して研究しているみたいですね)。

あとスパイク氏が探している、手軽で戦術面よりも外交面を重視したゲームというとディプロマンシーが思いつきます(ゲームを説明しているサイトが見つからないorz)。たしかコンピュータにも移植されてなかったかなぁ。ただゲームの舞台が第一次世界大戦の西洋諸国なので、日本人にとってなじみがないのが難点かもしれません。というか日本人になじみがあるジャンルは三国志と戦国時代ぐらいだろうなぁ…
by sperling | 2006-11-15 00:22 | ウォーゲーム
<< 決戦ガダルカナル ゲーム紹介 [お知らせ]IRC始めました >>