i-Accele Xtra を試してみた


 世の中の通信環境はブロードバンド全盛だとは思いますがこの田舎(というか私の環境)では光どころかADSLさえも対応してなく、いまだダイアルアップでございます。
 というわけで少しでもweb表示を早くしようと思い、いろいろさがした結果見つけたのがi-Accele Xtra です。

実際に導入して時間を計測してみました。以下がその結果です。ブラウザはopera8.02を使用、キャッシュは空にして行いました。また計測サイトは、yahoo毎日新聞日本ファルコムの3つを設定しました。単位はすべて秒です。

<導入前>   
        1回 2回 3回
yahoo     16  10  13 

毎日新聞     40  29  25

日本ファルコム  75   32  34

<導入後>
        1回 2回 3回
yahoo     13  11  8

毎日新聞    31  20  19

日本ファルコム 64  30  31

 どうでしょうか。確かに数秒~10秒ぐらいは早くなっていますね。じゃあ体感的にはどうなのよといわれたら、うーんまぁちょっと早くなったかなぁという感じです。
 まぁまだ導入したばかりなのでもう少し様子を見てみます。

追記
 蛇足ながらリンク先を見ていただければ分かりますが本ソフトはシェアウェアです。
 このソフトがどういう仕組みかソフトのヘルプを見ながら述べてみますと、クライアント、サーバー間にi-Accele Xtra サーバを介在させてそのi-Accele Xtra サーバがデータ圧縮等を行う仕組みのようです。
 ようするにプロキシでの高速化を実現しているようです。
by sperling | 2005-08-08 16:00 | 雑記
<< そろそろ経済学の勉強を始めます HGS8月例会 >>