私のウォーゲーム履歴




 そういえばろくに自己紹介をしていないことに気がつきました。そこで今回はなぜウォーゲームをやるようになったかについて自己紹介代わりに語りたいと思います。
 



 そもそも私は中学生時代将棋にのめり込んでおりました(今も)。そんでそこに軍オタの先輩がいたんですな。そして見事に染められたと(笑)。
 中学生時代はサターンの「千年帝国の興亡」やPCの「アドバンスド大戦略98」にはまっておりました。
 そして高校の時だったかなぁ、当時読んでいた「歴史群像」の広告欄に「ゲームジャーナル」なるものが創刊されるという記事が。なになに「真バルバロッサ作戦」?おもしろうそうだなぁ。いっちょ買ってみるか。というわけで当時から(TRPGやらTCGやらで)よく利用していた「ボードウォーク」へ。
 (まったくの余談ですが、「歴史群像」の記事で当時一番感銘を受けたのが「第3次ハリコフ攻防戦」の記事でした。当時の私は「マンシュタインすげぇ、私も将棋の盤上でバックハンドブロウを決めてみせる!」と胸をときめかせていました(笑))。
 で、プレイした感想ですが「難しい」。というかルールがよく分からない(笑)。なんかやったら不親切な書き方のルールだなぁと当時は思っていました。
 そして次にやったのがコマンド47号の「ドイツ戦車軍団」だったかな。こちらは分かりやすかった。それにマップも小さく、コマ数も少なかったから楽だったなぁ(笑)。
 そしてその後コマンドマガジンを中心に買い、今にいたっています。大学に入ってからはHGSというサークルにお世話になっております。
 うーんこんなものかな?では最後に好きなゲームのジャンルを、やっぱり「ハリコフ攻防戦」に感銘を受けた身としては、やはり機動もののゲームが大好きですね(しかも作戦レベルでの)。
 反面戦術級のゲームはあまり興味が湧かず(とはいえ以前HGSの例会でやった「装甲擲弾兵」は面白かった)。海戦ものもほとんどやりません。
 将棋指しウォーゲーマーって結構いるのかしら?
by sperling | 2005-08-04 00:28 | ウォーゲーム
<< コマンドマガジン最新号 練習プレイ「The Tiger... >>