ウォーゲームとコンピューターゲームの興亡



以前紹介した「ゲーム的人生論」を読んでいて、もう一つ思ったことを。

「ゲーム的人生論」のなかに、「ウォーゲームの興亡」という章があります。鈴木銀一郎さんからみたウォーゲーム業界の歴史がつづられているのですが、その中で次のような意見がありました(うろ覚えなので、正確な引用ではありません)。

ウォーゲームが発展していくにつれ、ウォーゲームは精密ではないとウォーゲームではないという意見が主流となっていった。実際ユニット数が何百、何千と増え、手順が複雑なものが歓迎された。しかしそれは初心者を拒むものだった。

この意見って今のコンピューターゲーム業界でもいわれていますよね。曰く「最近コンピューターゲーム離れが進んでいるのは、ゲームが長大、複雑化しているからだと。」

うーん歴史は繰り返すという言葉が浮かんできます。いわれている対処法も同じです。曰く「初心者が取っつきやすいシンプルなゲームを増やすべき。」だと

突然ですが、製品ライフサイクル説というのがあります。製品は導入期(新規開拓)→成長期→成熟期→衰退期に分けられるという説です。
これをウォーゲームとコンピューターゲームに当てはめると、ウォーゲームは成熟期、コンピューターゲームは成長期から成熟期の過渡期でしょうか。

今後コンピューターゲームも、今のウォーゲームのように一部の人たちしか遊ばない分野になっていくのでしょうか。またウォーゲームはジャック・レディ氏がインタビューでいってたように(注1)、ルールが少なくて、大きなコマを使うゲームばかりになってしまうのでしょうか?

最後が尻切れトンボになってしまったorz。
注1 シックスアングルズのインタビューより(何号か忘れてしまった 後で確認します)

追記(5月1日)
考えてみれば、パソコンゲーム市場なんてもう一部の人しかやっていないですね(昔からか(笑))。エロゲーメーカー除けば、頑張っているのは日本ファルコム、コーエー、工画堂ぐらいかな。工画堂はギャルゲー路線にシフトしているけど(パワードールシリーズ(4まで)とシークエンスパラディウムは名作だと思う)。

また追記
パソゲー業界を見てみれば、エロ(ギャル)方面で生き残りをはかるという手もありか、というわけで18禁ウォーゲームを希望(笑)
特徴は・・・・・・・
・マップがピンク系の色使い
・戦車のシルエットの代わりに裸のねーちゃんの絵が
・艦艇シルエットは擬人化されている。例→これとかこれとか
・リアル軍人が萌えキャラ化している(あれ!?最近どこかで見た事があるぞ(笑))

まぁ、こんなのが出ても私は買いませんけどね(笑)
by sperling | 2006-04-30 22:45 | ウォーゲーム
<< SS Panzerプレイ中 War for the Mot... >>