HGS特別例会

昨日、今日とHGSの特別例会がありました。
 私が主にプレイしたのは「Paths of Glory」という第一次世界大戦を描いた戦略級ゲームです。
e0003050_22451060.jpg

↑「Paths of Glory」セットアップ

 システムはカードドリブンというシステムを用いています。要するにカードでイベントを起こしながら進めるゲームです。最初は動員カードしか使えないのですがイベントを起こし、CP(戦争状態ポイント)が溜まると、限定戦争、最後には総力戦カードが使えるようになります。このあたり非常にうまく雰囲気表しているなぁと思ったのは私だけでしょうか。
 ゲームの流れは非常に作戦研究が進んでおり、いくつかのプレイテクニックを使わないと非常にマズイ状況になるそうです(誰だってはじめはそうだよねorz←苦境に陥った人)。
 まぁコマ数も思ったより少なく、カードのイベントも第一次世界大戦の雰囲気を表しており、勝ち負けにこだわらなくても楽しめるゲームだと思います。

 話は変わってウクライナ43ですが、このゲームのドイツ軍をプレイすると「歩のない将棋は負け将棋」という将棋の言葉を思い出してしまうのは私だけでしょうか?
 ホントに歩(歩兵)が欲しい、どこから捻出するか。
 ちなみに今の状況はスミ(sumi)~ハリコフ間に大穴があいておりさらにハリコフの数ヘックス西先にソ連第1戦車軍団と機械化歩兵のスタック(戦車旅団付)がおり、イジューム屈曲部には橋頭堡を作られたりと、散々な状況です。次ソ連軍からなんだよな。・・・・持つのか?
 
by sperling | 2005-07-18 23:01 | ウォーゲーム
<< 中間報告会終了 練習プレイ ウクライナ43 ド... >>