練習プレイ 「War for the Motherland」 ドイツ軍南方重視策

今回も「War for the Motherland」のプレイ記録です(あれ?独ソ電撃戦は?)。
今回は次のような指針でプレイしてみました。

枢軸軍
中央軍集団の装甲軍団はスモレンスク到達後、南方にシフトし、キエフ、ヴォロネジ、ハリコフ方面に向かう。
(モスクワも隙があれば狙うが、あくまで副次的な目標とする)

ソ連軍
ドニエプル川まで撤退し、そこでの防衛戦を引く。そこが突破されたら、モスクワ前面~ヴォロネジ前面~スタリノ前面の線で守る
接敵されたら、可能な限り攻撃する(各科統合軍は特に)。

まだ途中ですが、以前とあまり変わらないような展開に・・・・・・。



e0003050_125177.jpg

↑3ターン開始時の中央軍集団戦区の様子。
序盤(1~3ターン)
枢軸軍
ドイツ軍は、オーバーランを駆使して進撃。中央軍集団の装甲軍団は2ターン目にはオルシャ前面に到達。
ソ連軍
ソ連軍は、ドニエプル川をめざし、全面撤退。装甲軍団に浸透移動されないよう、川沿いにユニットを敷き詰めて守ってみる(画像参照)。1番やってはいけない守り方?。
e0003050_1253361.jpg

↑5ターン、枢軸軍移動フェイズ終了時
中盤(4~6ターン)
枢軸軍
中央軍集団、スモレンスク~オルシャ間の戦線が薄かったので、そこに装甲ユニットを殺到させ、戦線を突破する。モスクワ前面は歩兵に任せ、装甲ユニットはすべて南方に集中。ブリャンスクに接近(画像参照)。南方軍集団、キエフは歩兵に任せ、装甲ユニットはドニエプロペトロフスクを目指す。
増援の補給ユニットは、南方に重点配置。
ソ連軍
北部の戦線が突破されたため、ドニエプル川戦線の放棄を決意。徐々にハリコフ、スタリノへ撤退。

凍結ターン直前(7ターン)
枢軸軍
北方軍集団、レニングラード前面の鉄道線(1517)を切断。ソ連軍に奪還されるも、再奪還に成功(これで次ターン補給切れだと思ったら、次は凍結ターンorz)。
中央軍集団、は当初の方針どおりヴォロネジ、ハリコフを狙う。そしてドニエプル川を渡河した南方軍集団と共同で、逃げ遅れたソ連軍ユニットをハリコフ前面で包囲(ハリコフポケット(勝手に命名)の形成)。

ソ連軍
枢軸軍の狙いが分かったので、ヴォロネジ、スタリノ前面に増援ユニットを重点配置。その分モスクワの守りが薄くなったか?
e0003050_125755100.jpg

↑8ターン開始時、レニングラード周辺の様子
e0003050_12574551.jpg

↑8ターン開始時、モスクワ前面の様子
e0003050_12583970.jpg

↑8ターン開始時、モスクワ南方の様子

感想
 補給網の構築が大事だと思いました。逃げるソ連軍を追いかけようとしても補給ユニットが追いつかず、追いつけない(序盤使わない補給ユニットを消費状態にしても、ヴォロネジ、スタリノは遠い・・・・・・・)。西部戦線における連合軍のような状態です(笑)。
それとやはり迷ってしまうなぁ。5ターン目の画像を見ていただければ分かりますが、あのままモスクワを狙う作戦が、非常に魅力的に映る(笑)。今回は初期の方針の通り進撃しましたが、あのまま北上していればもしや・・・・・・・。
 ソ連軍に関しては、まだ前で守りすぎてるような気がする。ドニエプル川も放棄してさっさと最終ラインで守るとどうなるんだろう?ソ連軍の自殺攻撃による離脱戦術は有効と確信(そんなに全滅しないことがわかりました)。
このまま最終ターン(12ターン)までやってみます。
by sperling | 2005-09-26 13:03 | ウォーゲーム
<< 練習プレイ 「War for ... お知らせ 来週の更新予定 >>